適切な時期に庭木の剪定を行なおう|生き生きとした植物にする

婦人

樹木の手入れはプロに相談

伐採

季節を選ぶのがコツ

大きくなり過ぎた樹木は、伐採という作業が必要になります。秋から冬にかけては、樹木伐採のベストシーズンです。木に含まれる水分量が少ないため、寒い時期には比較的容易に切り倒せます。ベストシーズンの時期を選んで専門の伐採業者に依頼をすれば、費用を抑えられる可能性があります。作業が楽に出来るため、手間が減ります。伐採した木の後始末をするにも、寒い季節が適しています。重量が軽く、持ち運びしやすいのが秋から冬にかけて伐採した木です。寒い時期は、庭の後片付けの負担も少なくて済みます。近ごろの伐採業者は、数日のうちに対処をしてくれます。ですので、秋口くらいにコンタクトを取っておけば、ベストな時期に伐採が終わります。

数本の作業が必要な場合も

庭木の育ち方や木の数によっては、一度に数本の伐採が必要になるケースもあります。枝が複雑に絡み合っている場合などは、1本だけの伐採では不十分です。段階を踏んで作業を進めていく方が、複数の木が立っている時には安全です。樹木の伐採作業は、実際に現地で見積もりをしてもらって初めて料金が分かります。数本の樹木が生い茂っている庭は、作業にも慎重さが求められてきます。専門の業者なら、隣家や自宅を傷つけずに上手に木が処理出来ます。住宅が建て込んでいる地域では、特に近隣への影響が心配です。作業中の音はもちろん、隣家の敷地への枝の落下などを防ぐのが賢明と言えます。作業に慣れている業者なら、木の数が多くても問題なく作業が進められます。