適切な時期に庭木の剪定を行なおう|生き生きとした植物にする

植物

モチベーションを上げる

園芸

草取りは肉体労働なので疲れやすく、適度な休憩が必要となります。休憩をして集中力を回復させることが重要なのです。根気のいる作業なのでやる気を継続させることが必要で、休憩したり草取りの成果を見ることでやる気を出すことができるようになります。

お勧めの時期は年に2回

剪定

適切な時期に適切な作業を

お庭のお手入れどうしていますか。忙しい毎日にすっかり伸びきってボウボウになっていませんか。庭木の剪定は木の生育のために必要で、実がなる木でしたら結実にも影響があります。剪定が足りない庭木で花の咲く数が減ったり、葉の色が変化してくることがあります。本来なら庭木からSOSが出る前に行いたいです。樹木にはそれぞれ剪定に適した時期があります。庭木でよく用いられるつつじは割と手がかからず、大掛かりな手入れは不要とはいえ、花が終わった直後に剪定してあげると翌年の開花に影響しません。たくさんの綺麗な花を咲かせてくれます。きっちりと剪定された庭木はいきいきとして輝き、花と緑が調和を保ち一つの芸術作品といえます。

業者に依頼も安心です

庭木の剪定がうまくいっていない場合、植物同志で栄養、水、光を取り合ってどちらもうまく育たない場合があります。無駄に伸びた庭木を綺麗に整えると、残された枝葉は生き生きと元気を取り戻したくさんの葉で風通しも悪く、光も当たりにくかった部分へも栄養がいきわたります。風通しもよくなることで病害虫にも強くなり、生育に大きく影響します。植木ばさみ、剪定ばさみ、剪定のこぎり、はしご(脚立)などが必要です。高枝切りばさみがあれば、高いところも行うことができます。剪定方法は樹木によって異なりますが、一番の基本である「庭木の美観と生育のために行う」ことを念頭に置くと切るべき枝が見えてきます。やみくもに切りすぎると庭木にとって負担となりますので、業者に依頼してみると良いですよ。

伐採が必要な木

木を切る人

植物の生育環境に適した気候を持つ日本では、個人の住宅でも庭に多くの種類の木々が植えられています。庭の広い家では木の管理も大変なため、専門知識を持つ植木屋さんに剪定や伐採を依頼する人も少なくありません。木の多い庭では間伐が必要になる場合もありますが、植木屋は庭全体を考慮した間伐を実施してくれます。

樹木の手入れはプロに相談

伐採

伐採作業は、秋から冬の時期を選ぶと楽に行えます。寒い季節は、専門の業者に依頼する場合にも料金が割安になる可能性があります。庭の状況によっては、数本の庭木を伐採する必要が出てきます。専門の業者に依頼すると、近隣に迷惑をかけずに作業が終えられます。